-かかとの痛み、シーバー症 | 半田市青山 おがさわらファミリィほねつぎ

かかとの痛み、シーバー症

歩いている時やジャンプをしたときに起こる「かかとの痛み」の症状。かかとの痛みと言っても足底筋膜炎や坐骨神経痛、関節リウマチ、シーバー病など病態や原因はさまざまです。

ではこれらの症状にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?

かかとの痛み

かかとの痛みが起こる原因は、靴のサイズがあっていない場合や、歩き方や姿勢が悪いことで筋力が低下していたり体の骨が歪んでいたりする場合や、肥満体型バドさまざまです。

かかとの痛みの症状で考えられる炎症や疾患は以下が考えられます。

足底筋膜炎

足底筋膜炎は、足の指の付け根からかかとにつながっているクッションの役割をしている「足底筋膜」と呼ばれる腱の膜に起こる炎症です。スポーツでの使いすぎや姿勢の悪さ、長時間同じ姿勢での作業、ハイヒールを履く女性に多くみられます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、腰から足先にかけて通っている末梢神経の坐骨神経のどこかの部分が腰椎の変形などによって圧迫されることで腰やお尻、太もも、ふくらはぎ、かかとなどに痛みやしびれ・張りなどの症状を起こす症状の総称です。

関節リウマチ

関節リウマチは自己免疫性疾患のひとつで、関節の滑膜が炎症を起こすことで痛みや動作しにくいなどの症状が現れる疾患です。特に女性に多く、かかとの痛み以外にも手や手首、その他の関節に痛みがある場合は関節リウマチの疑いがあります。

シーバー症

シーバー症は、子どもの成長期にスポーツをすることで起こる軟骨障害の「骨端症」のひとつで、かかとに起こる成長痛をいいます。

発育段階の子どもには成長軟骨と呼ばれる軟骨があり、かかとの成長軟骨が筋肉の収縮力に耐え切れずに剥がれたり傷ついたりしてしまう症状です。

特に足底筋膜やアキレス腱に負担がかかってしまうことが原因です。シーバー症は成長の過程で起こるため特別な施術は必要としませんが整骨院での症状の緩和施術は有効と考えられています。

かかとの痛みの予防法

かかとの痛みを予防するには運動前のかかと周辺の筋肉のストレッチや練習後のアイシングとマッサージで筋肉のコリをほぐすことや、長時間同じ姿勢で作業をしたり姿勢を正しく保ったり肥満にならないように気を付ける事が大切です。

また、女性の場合はできるだけハイヒールを長時間履かないようにすることも大切です。かかとにわずかな痛みがある場合でもアイシングや周辺のマッサージを行い安静に過ごし一時的に運動を控えましょう。


かかとや足は体の体重を支える大事な役割をしているため、その分炎症を起こしやすい部位でもあります。

おがさわらファミリィほねつぎでは患者さんの症状に合わせて施術を行っていきますので、まずはお気軽にご連絡ください!


アクセス情報

所在地

〒475-0836
愛知県半田市青山1-10-2 セントレ青山1F

駐車場・駐輪場について

駐車場は、店舗前8台どこでもご利用いただけます。隣店舗様と共有です。一部縁石があり入出庫しにくい場所がありますのでお気をつけください。

駐輪場は、店舗前(軒下)に並べて駐輪してください。

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日