-肩の痛み・肩関節周囲炎 | 半田市青山 おがさわらファミリィほねつぎ

肩の痛み・肩関節周囲炎

肩こりによって起こる肩の痛みや40~60代頃に起こりやすい四十肩による肩の痛み。肩の筋肉は腕や背中につながる筋肉も多くこりや痛みを感じやすい部分でもあります。
今回は、当整骨院でも施術を行っている肩の痛みや肩関節周囲炎についてご紹介します!

肩の痛み

肩に起こる痛みは肩こりによって起こる場合と四十肩・五十肩とも呼ばれる肩関節周囲炎によって起こるもの、疾患によって起こる場合に分けることができます。

肩こりによる痛みの原因は筋肉の疲労によって血行不良になり筋肉が硬直してしまっていることや骨の歪みなどが原因です。また頚椎椎間板ヘルニアやストレートネック、むち打ちなどは首の痛みだけでなく肩の痛みを伴うこともあります。

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎は「四十肩・五十肩」とも呼ばれ、40~60代の中高年に起こりやすい疾患で肩の痛みや腕が上がらないなどの症状が現れます。

通常は肩の片方に症状がみられ、痛みを伴う急性期、痛みはないものの肩関節の可動域が制限される慢性期、可動域も広がり回復に向かう回復期に分けられます。

原因

肩関節周囲炎は肩関節を構成する腱板や靭帯などが炎症を起こして筋肉と腱板のすき間に炎症が起こって変性することで発生します。
加齢によって軟骨がすり減る、滑液包の弾力が失われる、筋力が低下することなどが原因となって起こります。

関節周囲炎の症状

先ほど軽く触れましたが、関節周囲炎の症状は段階的なもので急性期・慢性期・回復期の3つの時期に分類されます。
回復までには6か月~2年ほどかかり長期的に症状と付き合っていくことになります。急性期・慢性期・回復期についてそれぞれ見ていきましょう。

急性期

腕を挙げる物を持つなどの動作をすると肩に痛みを感じる時期です。症状がひどい場合は、安静時であっても方に強い痛みを伴います。
夜間寝ている時も痛む場合があり内服薬や外用薬を使用する場合もあります。

慢性期

肩の痛みの症状が徐々に落ち着き、肩関節の動きが制限される時期です。
筋肉の拘縮によって起こるもので肩関節の可動域は制限されますが、通常は痛みはなく無理に動かした場合に痛みが現れる場合があります。

回復期

肩の痛みや肩の筋肉の拘縮が無くなり可動域も徐々に広くなっていく時期です。痛みや拘縮が取れることでものを持ったり腕を動かしたりしても特に痛みは感じません。


肩に起こる痛みや肩関節周囲炎は日常生活が原因で起こる場合や加齢によって起こる場合など原因はさまざまです。
おがさわらファミリィほねつぎでは患者さんの症状に合わせた施術を行っておりますので肩のトラブルでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!


アクセス情報

所在地

〒475-0836
愛知県半田市青山1-10-2 セントレ青山1F

駐車場・駐輪場について

駐車場は、店舗前8台どこでもご利用いただけます。隣店舗様と共有です。一部縁石があり入出庫しにくい場所がありますのでお気をつけください。

駐輪場は、店舗前(軒下)に並べて駐輪してください。

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日