-オスグッド病 | 半田市青山 おがさわらファミリィほねつぎ

オスグッド病

スポーツをしている成長期の子どもに起こりやすいオスグッド病はスポーツ障害の一種です。
おがさわらファミリィほねつぎでもオスグッド病の施術を行っています。

ではオスグッド病とはどのような疾患なのでしょうか?詳しく解説いたします!

オスグッド病とは?症状特徴

オスグッド病は「オスグッド・シュラッター病」ともいい、10歳~15歳くらいの小中学生の特に男の子に多く発症する膝の骨や軟骨に起凝る疾患です。

部活動などの運動によって起こる場合や成長期の体育の授業などでも発症することがあり、特にジャンプの動作が多くなるバレーやバスケットボール、サッカー、陸上などの競技を行う人に多くみられます。

成長期の膝は柔らかく負担がかかることによって、下の骨が盛り上がって骨が突き出し、赤く腫れる、痛みや熱感などの症状が起こります。安静時は痛みがない場合がほとんどですが、ジャンプや屈伸の動作をすると痛みが起こってしまいます。

原因

成長期の膝は軟骨が多く強度が弱いため激しい運動などで負担がかかってしまうと炎症が起こりやすいです。

以下のような心当たりはありませんか?

膝関節を使い過ぎている

オスグッド病はスポーツ障害のひとつで、膝関節を酷使することで膝に負担がかかり発症します。
長時間練習をしていたり、膝関節に負担がかかるような練習をしていたりすることもオスグッド病を発症する原因のひとつです。

練習前後のケアを怠っている

運動や部活動をする前にストレッチをしっかり行っていないとケガをする原因になるだけでなく膝への負担が大きくなってしまいます。
また練習後にクールダウンしてケアを行っていないと筋肉の疲労が蓄積され筋肉が硬くなる原因になり膝への負担は大きくなります。

対処法

オスグッド病になってしまった時は練習を控えることが大切ですが、アイシングやストレッチなどのケアをすることも大切です。

アイシング

運動後に膝に痛みや違和感があるような場合には、患部をアイシングしておきましょう。
運動によって疲労した筋肉をクールダウンして炎症を抑えることも大切です。冷却スプレーやアイス枕、冷たいタオルなどを上手に活用しましょう。

ストレッチ

ストレッチは練習前に筋肉をほぐす目的だけでなく、練習後も筋肉の疲労を解消するためにストレッチをしたり湯船に浸かりながら筋肉を揉みほぐしたりすることが大切です。
また整骨院でストレッチや骨の歪みを整えることも予防には効果的です。


成長期の子どもに起こりやすい膝の疾患「オスグッド病」になってしまった場合は運動を一時的に制限することやセーブすることが大切です。
当整骨院では症状の緩和やリハビリ期の早期回復のお手伝いをいたします。

まずはお気軽にご相談ください!


アクセス情報

所在地

〒475-0836
愛知県半田市青山1-10-2 セントレ青山1F

駐車場・駐輪場について

駐車場は、店舗前8台どこでもご利用いただけます。隣店舗様と共有です。一部縁石があり入出庫しにくい場所がありますのでお気をつけください。

駐輪場は、店舗前(軒下)に並べて駐輪してください。

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日