-ランナー膝(腸脛靭帯炎) | 半田市青山 おがさわらファミリィほねつぎ

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

マラソン選手やランニングを行う人に多いことから名付けられた「ランナー膝」はおがさわらファミリィほねつぎでも施術や早期回復のための施術の対象となっています。

今回はスポーツ障害のひとつでもあるランナー膝についてご紹介致します!

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは?

ランナー膝は正しくは「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」といい、骨盤の骨から太ももの外側の横を通って脛の外側の骨にくっついている太くて固い筋膜の繊維束である腸脛靭帯に起こる炎症をいいます。

腸脛靭帯は足を上げたり自転車をこぐような動作をしたりするときに種変の筋肉と一緒に使用される靭帯で、ランニングなどで負担がかかってしまうことで膝に痛みを感じてしまう炎症症状です。

症状

ランナー膝の症状は、ランニングをした時に膝関節の外側に痛みを感じることや、日常生活での階段の昇り降りに痛みを感じます。ランナー膝は特にひざの外側に痛みを感じることが特徴で、下り坂や階段を降りる際に痛みが強く現れる場合はランナー膝であることが老多いです。

原因と起こりやすい人の特徴

ランナー膝は、腸脛靭帯に負担をかけやすいスポーツをしている人に多く、繰り返しトレーニングをしている人に起こりやすいスポーツ障害です。

ランナーの他にサッカーなどのプレー中に走っていることが多い競技やロードレースを行っている人にも見られる症状です。また、マラソン初心者にも多く筋力が充分ではない中高生の部活動が盛んな時期にもランナー膝の症状は起こります。

正しいフォームが身についていないことや、練習前後のストレッチやアイシングなどを怠っている場合には、腸脛靭帯の周りの筋肉が疲労しやすくなってしまうと発症する場合があります。

予防法

ランナー膝になってしまうと症状が落ち着くまでに時間がかかり、一時的に運動を制限することになってしまいますので、日々の練習で膝や腸脛靭帯を酷使しすぎないことだけでなく、周辺の筋力をアップして正しいフォームで走ることが大切です。

対処法

ランナー膝になってしまったらまずはアイシングをして安静に過ごすことが大切です。炎症が落ち着いてきたらマッサージやストレッチをして周辺の筋肉の状態を整えましょう。またO脚はランナー膝になりやすいと言われていますので整骨院で矯正し骨の歪みを整えましょう。


おがさわらファミリィほねつぎはスポーツ障害の施術を得意とする整骨院です。患者さんのそれぞれに合った施術法をカウンセリング後に提案しています!

スポーツ障害の症状でお悩みの方は、愛知県半田市にある当整骨院にご来院ください!


アクセス情報

所在地

〒475-0836
愛知県半田市青山1-10-2 セントレ青山1F

駐車場・駐輪場について

駐車場は、店舗前8台どこでもご利用いただけます。隣店舗様と共有です。一部縁石があり入出庫しにくい場所がありますのでお気をつけください。

駐輪場は、店舗前(軒下)に並べて駐輪してください。

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日