-シンスプリント | 半田市青山 おがさわらファミリィほねつぎ

シンスプリント

皆さんはシンスプリントというスポーツ障害をご存知ですか?
シンスプリントと言われるとあまり聞き覚えのない言葉ですが、ランニングをする女性に多い「すね」の部分に起こるスポーツ障害のひとつです。

今回はシンスプリントの特徴・原因・解消法・予防法を詳しく解説します!

シンスプリントとは?

シンスプリントとは正しくは「脛骨過労性骨膜炎」といい中学生から高校生のマラソンランナーやサッカー選手など常に走っている人に多い症状です。

シンスプリントは「すね」の骨の下方1/3(くるぶしより上部分)に痛みが出るのが特徴で、歩行時の鈍い痛みや脛を抑えると痛みを感じる、患部の腫れなどの症状が現れます。脛全体ではなくピンポイントで痛みがある場合は疲労骨折の疑いがあります。

原因

シンスプリントはスポーツ障害のひとつで、ランニングやジャンプを繰り返し行うことで、脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋・ヒラメ筋といった足首から膝関節までの筋肉にストレスがかかることと下腿骨の滑膜に炎症が起こることが原因です。

その要因としては過度に練習を繰り返していることやフォームが悪く足に負担をかけていること、アスファルトなどの固い地面を走っている、靴が合っていないこと、偏平足などもシンスプリントを発症してしまう要因になります。

予防法

中高生の部活動が盛んな時期は、女子を中心にシンスプリントを起こしやすいため予防や痛みを抑える意味で、練習量を減らしたり練習前後にストレッチやアイシングをしたりして、患部を冷やし炎症を抑えることが大切です。

また整骨院での体全体の歪みを整えたりマッサージを受けたり、理学療法として電気施術や超音波施術などを用いて、定期的に体のケアを行うこともシンスプリントの症状を予防するのに有効な手段であると言えます。

解消法

シンスプリントの症状を改善させるには、症状が軽度な時から練習を一時的に中断し整形外科での施術や整骨院などの緩和施術・早期回復のための施術を受けることが大切です。

また、練習を中断している時期に筋力を落とさないために患部以外のストレッチや軽めの筋トレをすることも練習ができない時期の不安を解消する上でも重要になります。ただし痛みがある場合には練習を中断し、アイシングで患部を冷やしましょう。


おがさわらファミリィほねつぎではシンスプリントをはじめとするスポーツ障害の施術を行っています。

早く部活動や競技復帰ができるようにサポートさせていただきますので、まずはお気軽に当整骨院にご来院ください!


アクセス情報

所在地

〒475-0836
愛知県半田市青山1-10-2 セントレ青山1F

駐車場・駐輪場について

駐車場は、店舗前8台どこでもご利用いただけます。隣店舗様と共有です。一部縁石があり入出庫しにくい場所がありますのでお気をつけください。

駐輪場は、店舗前(軒下)に並べて駐輪してください。

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日