-手首の痛み・TFCC損傷 | 半田市青山 おがさわらファミリィほねつぎ

手首の痛み・TFCC損傷

物を持ったり手首を使う動作をしたりすると手首に現れる強い痛みは、捻挫や骨折、手根管症候群、ガングリオン、TFCC損傷などさまざまです。
今回はおがさわらファミリィほねつぎでも施術を行っている手首の痛みについてご紹介します!

手首の痛み

手首は体の中でよく使う部位のひとつで、使い過ぎによって起こる慢性的な痛みや、スポーツや日常生活によって外部からの強い衝撃で痛みを感じやすくまた完治まで時間がかかってしまうことがあります。手首に起こる症状は以下のようなものがあります。

捻挫・骨折

手首の痛みで皆さんが思いつく症状は、スポーツや転倒などで手首に負担がかかってしまったことで起こる外傷ではないでしょうか?
転倒時に手をついて衝撃が加わることや、スポーツで手を無理にひねってしまうことで捻挫や骨折を起こしてしまいます。

手根管症候群

手根管症候群は、手の使い過ぎや浮腫み・骨折などのケガや腫瘍などで、手首の靭帯と骨に囲まれた手根管というトンネルの中を通っている正中神経が圧迫されてしまい、手にしびれや痛みが起こる症状です。

関節リウマチやガングリオン

関節リウマチは女性に多い自己免疫性疾患のひとつで、関節を覆う滑膜が炎症を起こす疾患です。
ガングリオンは、手の関節にできるゼリー状の腫瘍で、特に腱鞘部分の腫瘍ができやすく痛みやしびれの症状を伴う疾患です。

TFCC損傷

TFCC損傷は「三角線維軟骨複合体損傷」といい、聞きなれない病態ですが手首の痛みが起こる症状の一つです。

TFCCは手首の三角線維軟骨複合体と呼ばれる外部の衝撃を吸収するクッションの役割などをしている軟部組織が、スポーツや交通事故による強い衝撃や、スポーツや日常生活で繰り返し使って酷使する、加齢による変性によって起こる損傷です。

TFCCを損傷すると特に手首の小指側に痛みが現れるのが特徴でハンドル操作や手をつく動作など手を使うことで痛みの症状が現れます。

手首の痛みとTFCC損傷の解消法と予防法

手首の痛みを解消するには手首を使わないことが一番です。まずは安静にして炎症が落ち着くまで、反対側の手を使いましょう。その他に、スポーツで手首を酷使した場合はアイスングで患部を冷やしましょう。

手首の痛みを予防するには、転倒によるケガに注意することやスポーツの運動前にはストレッチやテーピングを行い過度の練習は避けましょう。


おがさわらファミリィほねつぎではTFCC損傷を始めとする手首の痛みの施術を行っています。
手首の痛みにも種類があり患者さんによって原因が異なるためしっかりとカウンセリングをして施術を行っていきます。

手首の痛みに関するお悩みは是非、当整骨院にお任せください!


アクセス情報

所在地

〒475-0836
愛知県半田市青山1-10-2 セントレ青山1F

駐車場・駐輪場について

駐車場は、店舗前8台どこでもご利用いただけます。隣店舗様と共有です。一部縁石があり入出庫しにくい場所がありますのでお気をつけください。

駐輪場は、店舗前(軒下)に並べて駐輪してください。

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日