-野球肩・野球肘 | 半田市青山 おがさわらファミリィほねつぎ

野球肩・野球肘

野球肩や野球肘は、中高生の部活動で野球をやっている人や社会人チームやアスリートとしてプレーする人に起こりやすいスポーツ障害の一種です。
どちらも肘や肩の使い過ぎによって起こる症状ですのでそれぞれの特徴について知っておきましょう!

野球肩

野球肩は、野球のポジションの中でもピッチャーやキャッチャーに多く、練習や試合での肩の使い過ぎやケガによる過多の痛みによって起こるものがあります。
肩の痛みの他に、肩の違和感や可動域の制限などがあり腱や筋肉・軟部組織が炎症を起こすことによって起こります。

原因

原因は同じ動作を繰り返すことで肩関節に負担がかかることで疲労が積み重なり炎症が起こるものと、投球中に肩関節が外れてしまう亜脱臼や腱板損傷、関節唇損傷などが挙げられます。
どちらにせよ、投球を繰り返し行って負担がかかっていることが原因です。

予防法と解消法

野球肩を防ぐには、投球回数をセーブして投げすぎないことや正しいフォームを身に着けて肩に負担をかけないようにすることが大切です。
また、練習前後のケアをしっかりと行い、ストレッチやアイシングを心がけましょう。

野球肩になった場合はまずは安静にして練習は控え整骨院などでケアを受けましょう。

野球肘

野球肘は、「上腕骨内内側上顆炎」「尺側側副靭帯損傷」「離断性骨軟骨炎」などの炎症の総称で、筋肉の疲労が積み重なって肘の内側や外側の腱や軟部組織に炎症が起きてしまっている状態です。
原因や予防法・解消法は以下の通りです。

原因

野球肘の原因は投球フォームが悪いまま、投球を続けることで肘に負荷がかかり徐々に疲労が溜まって痛みが現れるようになります。
継続的な負荷、オーバーユースによる肘の内側や外側への過度な負担が原因です。

予防法

野球肘を予防するには練習前にしっかりと肘周辺の筋肉のストレッチをしてほぐして温めておくことが大切です。
また、練習中はサポーターやテーピングをして予防することや、練習後に肘をアイシングしてクールダウンをすることが大切です。

解消法

野球肘の初期症状はほとんどなく進行するにつれて投球時の違和感や可動域が狭くなったり痛みを感じたりするようになって病院を受診するケースがほとんどです。
違和感や痛みがある場合は練習を中止し、病院や整骨院での緩和施術・保存施術を行いましょう。


野球肩・野球肘になってしまうと練習を再開するまで時間がかかってしまう場合がほとんどです。

おがさわらファミリィほねつぎでは練習再開までの期間が短縮できるような施術を行っています!まずはお気軽にお問い合わせください!


アクセス情報

所在地

〒475-0836
愛知県半田市青山1-10-2 セントレ青山1F

駐車場・駐輪場について

駐車場は、店舗前8台どこでもご利用いただけます。隣店舗様と共有です。一部縁石があり入出庫しにくい場所がありますのでお気をつけください。

駐輪場は、店舗前(軒下)に並べて駐輪してください。

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日